一般社団法人 恩納村観光協会 | 日本屈指のリゾート地・沖縄県恩納村(おんなそん)の観光ナビサイト

安全対策・留意事項

沖縄の食に学ぶ
コンロやガスの点検。エプロンや頭巾の装着、手洗い等の衛生指導。 包丁の取扱いや、油など、火の周辺の行動には要注意指導。 調理室消火器具の設置。 ※食物アレルギーのある方は事前にご確認下さい。
伝統工芸に学ぶ
漆喰シーサーは手が荒れないよう手袋着用。
紅型は衣服が汚れないようエプロンを着用(衣服に付くと落ちません)。 琉球グラスにうるしの絵付けは塗料を使うので、換気の入れ替えを行います。
エコに学ぶ
イノー観察については専用靴を用意。危険箇所の説明。 エコツアーについては長袖、長ズボン、運動靴(ビーチサンダル不可)を着用。
伝統芸能・文化に学ぶ
屋内体験は室温の調整。教室で日が当たりすぎる場合はブラインド等で調整。
琉球舞踊とエイサー体験は動きやすい格好。
空手は裸足になり、動きやすい格好が好ましい。
農に学ぶ
農園はハブがいないかなど、きびや草のかきわけ。 農機具の安全確認。器具の取扱いについての指導。帽子、タオルなどでの日よけ指導、救急箱の設置。 日差しが強い場合は熱中症などを避けるため、木陰で休憩や冷水の摂取。
海に学ぶ
船釣りは必ず、ライフジャケットを着用。つり針が周りの人に引っかからないよう注意。船酔いや体調不良などを考慮し直ちに戻れるよう港から沖まで1 キロ範囲内でのポイントで実施。 釣った魚は毒を持っていないか漁師に確認してから触る。 シーカヤックは必ず、ライフジャケットを着用し、寒い場合はウエットスーツを着用。当日体調の確認。救助用ジェットスキー、陸に1 の監視人を配置。 マリン体験(スノーケル)ライフジャケットを必ず着用。事前の病歴書提出。当日体調の確認。スノーケルの使い方、安全確認。バナナボートは専用のヘルメットを着用。 浜釣りについては日差しが強い場合は熱中症などを避けるため、木陰で休憩や冷水の摂取。つり針が周りの人に引っかからないよう注意。
参加承諾書・免責同意書および参加者名簿の作成と記入
スノーケル体験については、コース参加承諾書および免責同意書を事前にお送りし、参加生徒と保護者の署名を頂きます。
健康調査表(メディカルチェックリスト)の作成と記入
スノーケル体験については、健康調査表へ生徒自身に健康状態を記入してもらいます。記入後の調査表は、実施統轄責任者および担当指導員が厳密にチェックをし、参加の可否を決定します。
健康状態の基準
スノーケル体験のコースに参加できない健康状態の基準を病歴書の内容に沿って定めています。
厳守事項の設定
水上と水中、陸上での事故防止と、コースを円滑に進行するため、注意事項および協力事項を設定しており、「修学旅行のしおり」などへの記載と、事前に生徒全員への告知をお願いしています。 また、事前講習や当日の開校式に於いても指導員から口頭で徹底します。
保健等の加入状況
賠償責任保険支払限度額:1事故につき障害・死亡1 億円、身体5 億円、財物1 千万円、生産物特別賠償責任保険 三井住友海上火災保険株式会社
マリン請負業者
エコに学ぶ・海に学ぶ 共通注意事項
悪天候時の強風、大雨(雷警報時は即中止)の場合の実施判断はスタッフとインストラクターにより判断。 前日、又は体験当日の早朝に判断し、旅行添乗員へ連絡。屋内のコースに振替可能(事前調整)。

緊急体制

緊急体制フォロー

各種連絡先

警察署・消防署・海上保安署・関係組織

石川警察署
098-946-4110
恩納交番
098-966-8121
名護警察署
0980-52-0110
消防
119( 緊急 )
金武地区消防( 恩納分遣署 )
098-966-8118
金武地区消防( 本部 )
098-968-2020
海上保安庁
118( 緊急 )
名護海上保安署
0980-53-0118
恩納村役場( 商工観光課 )
098-966-1280
恩納村商工会
098-966-8258
恩納村漁業協同組合
098-964-2797

医療機関( メイン会場からの移動時間 ):最寄り診療所

恩納クリニック( 約3分 )
098-966-8115
みのり内科クリニック( 約20分 )
098-965-7770
まつしまクリニック( 約36分 )
098-958-6888

医療機関( メイン会場からの移動時間 ):緊急医療機関

沖縄県立中部病院( 約30分 )
098-973-4111
沖縄県立北部病院( 約30分 )
0980-52-2719